読者からの質問(終末予言について)

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

今回は、読者からの質問に答えようと思います。

> こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ところで、「終末予言」について、ご興味をお持ちでしょうか。
>
> 世は、七度の大変りと知らしてあらう。(黄金の巻 第26帖)
>
> 世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。(黄金の巻 第71帖)
>
> ★(追記)
>  上記以外にも、シリウスファイルのオコットのメッセージ、ヒトラーの予言、エズラ黙示録、ヨハネの黙示録(外典)、マザーシプトンの予言、ビリーマイヤーの予言、その他の予言などにも類似性や関連性が認められます。
>
> どう思われますか。

よく勘違いされている方がおられるんですが、「地球はそのままで人間の体だけが進化する」というのは「終末」では、ありません。
それは「終末」ではなく「ちょっとしたデザイン変更」です。
それから、地球規模での終末を思い浮かべている人もいると思いますが、それも、違います。
「終末」においては、住む世界の「素材」と「法則」が一新されます。
地球の「素材」と「法則」は、太陽系の他の惑星にも採用されていて、さらには、太陽系以外の宇宙全体の惑星にも採用されています。
すなわち、「地球だけの変更」というのは出来ないんです。
終末においては「宇宙全体が」変更されます。
宇宙が、新しく生まれ変わるのです。
そして、そこに、神に選ばれし者が住むことになるのです。
古くなった方の宇宙を、そのまま残すのか、廃棄するのかは神が決めることで、新しい方の宇宙を「天国」として、古い方の宇宙を「地獄」としてもいいですし、いずれにせよ、神は、どんな「天国」をも、どんな「地獄」をも作れる御方で、全ての決定は、神が行います。
もちろん、「いつ終末が来るのか」も神が決めることです。
予言者が見た終末は、いくつかある予定表の1つを見たのであって、「どのような終末にするのか」も神が決めることなのです。
だから、読者の質問にあった色々な終末予言を見て回ってきましたが、「どれが正解」とは、言えません。
全ては、神が決めることなのです。

以上、読者の質問に対する返答でした。
文章が長くなったので、コメント蘭じゃなく、ブログ本文に掲載しました。
こういう質問に返事するのは大好きな人間ですので、どんどんと質問してもらえると嬉しいです。
神に関する質問は、いい加減に返事する訳にはいきませんので、返事をかえすまで時間がかかるかもしれませんが、出来る限り全ての質問に答えたいと思ってます。

~~~以下、2019年9月14日に追記~~~

最近、コメント欄をOFFにしているのでコメントを返せませんが、もらったコメントは大切に読ませていただいてます。
全部、コメント欄をOFFにすると、連絡手段がゼロになってしまうので、あえて、こういった所で残してます。
今までコメントしてくれた方、本当に有難うございます、感謝です。

プロフィール

神描人(かみえがきびと)

Author:神描人(かみえがきびと)

カテゴリ

検索フォーム