神の一筆は世界を塗り替える

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

「天地創造」は神の御業であり、「人間創造」も神の御業であり、そして、「猫創造」も神の御業。
猫が「ニャーン」と鳴き、舌で毛づくろいしていて、顔に何本か生えている細長いヒゲが周囲の状況を敏感にキャッチしているのは、全て、神が決めたこと。
猫がやり始める前から、「ニャーン」と鳴きやすい声帯にしてあり、クシみたいに扱えるように毛づくろいしやすいザラザラした舌にしてあり、空気の流れや周囲の物を感知しやすいヒゲにしてあり、それぞれを、やりやすい体になっている。
なめらかである「人間の舌」じゃ、猫みたいに上手く毛づくろい出来ないし、人間がヒゲを切らずに長く伸ばしたとしても、上下左右に動かせて敏感で感度が高い「猫のヒゲ」みたいに上手く使いこなすことは出来ない。
「人間には出来ない型」というのが存在しているのだ。
人間の可聴域は、だいたい20Hz~20000Hzくらいで、猫は50Hz~70000Hzくらいで、コウモリは1000Hz~100000Hzくらいで、人間には聞こえない20ヘルツ以下もしくは20000ヘルツ以上は超音波と呼ばれていて、超音波である20000Hz~100000Hzくらいの周波数帯域を利用してコウモリは飛行している。
これら周波数の設定は、誰かが調整したのであり、もちろん、神が調整したのであって、神の一筆は、この世の、ありとあらゆる「決まり事」や「法則」を塗り替えることが出来る「魔法の筆」で、神が描いた絵の通りに地球上の生き物たちは暮らしている、ということになる。
人間が、ラジオ放送(東京)で「TBSラジオは954kHz」「文化放送は1134kHz」「ニッポン放送は1242kHz」と周波数を決めているように、神が、「人間の可聴周波数は20Hz~20000Hz」「猫の可聴周波数は50Hz~70000Hz」「コウモリの可聴周波数は1000Hz~100000Hz」と周波数を決めたのだ。
神が、「猫は夜行性にする」と決めたから、猫の目にタペタムが付いている。
神が、「コウモリにはエコーロケーションを使用させる」と決めたから、コウモリの体は、それに対応できる声帯と耳になっているのだ。
「猫の型」「コウモリの型」という風に、地球上の生き物たちのライフスタイルは、神によって、だいたいが決められている。
人間も例外ではなく、神が定めた「人生」「猫生」「コウモリ生」を、神が一筆変更を加えなければ、それぞれ、例外なく、歩んでいくことになる。
「人間に見えている世界」と「猫に見えている世界」は異なっていて、「人間に出来て猫には出来ないこと」があり、「猫に出来て人間には出来ないこと」があり、そして、神には、全てが見えていて、全てが出来ている。
神が所有している知識が「全部」であり、人間が所有している知識は「ごく一部」であり、人間は、宇宙の創造主である神が構築したシステムを解明していっているだけの存在にすぎない。
例えるなら、人間は「バラバラになったパズルピースを組み立ててジグソーパズルを完成させていっている存在」で、神は「ジグソーパズルを作った存在」なのだ。
ジグソーパズルの制作者である神には、もちろん、ジグソーパズルに描かれている絵の全体像が見えている。
そして、今の人間は、パズルを組み立てている途中だから、絵の全体像が見えていないだけの話なのだ。
今の人間が「将来、解明されるだろう」と研究を進めている技術は、もう、すでに、神によって完璧に解明されている技術で、あえて、わざと、パズルピースをバラバラな状態にして、ちゃんと組み立てたら「一枚の絵」が完成するように仕組まれている。
「神がクイズの出題者で人間は解答者」という関係なのだ。
「人間の可聴域」「猫の可聴域」「コウモリの可聴域」「ラジオ」というパズルピースから、「少なくとも生き物は20Hz~100000Hzの音を聞き取ることが出来る」という絵の一部が見えてきて、そして、そのジグソーパズルの絵の全体像は、「神は宇宙内にある全ての周波数を聞き取ることが出来ていて宇宙内にいる全ての生き物に対して可聴周波数を定めることが出来る」ということなのだ。


Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : スピリチュアル 精神世界 神様 天使 地球 宇宙 宇宙の法則 アセンション

猫がかわいいのは神のおかげ

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

人間が「美男美女になりたい」と思っていても、ほとんどの人がなれていないように、猫が「かわいくなりたい」と思ったから、猫は、かわいくなった訳じゃない。
神が「猫はかわいくデザインしよう」と思ったから、猫はかわいくなったのだ。
人間が猫を見て「かわいい」「かわいい」と言っていることは、神も実際に上から見て分かっている。
「神の感性」と「人間の感性」は、非常に似ている。
だから、人間は、神の意図を読み取ることが出来る。
人間が美術館に数々の名作を展示しているように、宇宙全体が「神の美術館」みたいな感じで、そこに展示されている神作品の数々は、長い年月をかけて作り上げてきた力作だからこそ、数多くの感動を生み出す名作となっているのだ。
「海岸線に沈みゆく夕日」「まさに南国という感じのヤシの木」「甲羅を背負っているカメ」「横歩きするカニ」、全てが、神というデザイナーによって生み出された芸術作品なのだ。
前方向に歩けるカニの種類もいるけど、ほとんどのカニが横方向に歩いているのは、足の関節が横方向に曲げやすい形になっているからで、前方向に行こうとするとハサミを除いて8本ある足同士がぶつかったりして歩きにくいからで、仕方なく横方向に歩いている。
体が、そういう構造になっているから、やむを得ず、前に歩きたいのを我慢して、横歩きで生活しているのだ。
地球上の生き物たちは、神が決めた「型」の通りに生きていて、自分の「型」以外の「型」は出来ない状態で、かなり自由を奪われた状態で生きている。
人間も例外ではなく、「人間には出来ない型」というのが存在していて、人間が思っている以上に、かなり不自由な状態で人間は生きているのだ。
もちろん、「作る側」の立場である神の場合は、話が全く違って、自由に生きている。
神世界には無数の型があって、神は、全ての型を体験できる存在で、自由な体で自由な世界で生きているのだ。
地球上の生き物たちは、自分の体を「デザインする側」ではなく「デザインされる側」だから、不自由な体となっている。
クワガタのオスなんかは、食事をする時、長すぎる自分の角が邪魔になって、食事しにくそうに食べているし、同じ場所で同じ環境で過ごしてきたのにオスとメスでは角の長さが全く異なっていて、「環境に適応する」というのが主目的なら、絶対に、そんなことにはならないはずなのだ。
明らかに「見た目を重視して」デザインされているのであって、オスとメスで全く形状が異なっているのは「見分けやすいから」という理由に他ならない。
「神の視点」から見ると、「なぜ、この世は、このような仕組みになっているのか」が分かるようになってくる。
人間が思っている以上に、この世は、神によって、考えに考えて考え尽くして、精巧絶妙に作られている。
「人間の視点」「鳥の視点」「魚の視点」ありとあらゆる視点から、多角的に、「人間の体」「鳥の体」「魚の体」ありとあらゆる構造を知り尽くしている神によって、精巧絶妙にデザインされているのだ。
夜行性であるフクロウの目は、「暗視スコープ」みたいに暗闇でも見ることが可能で、夜中に目が光るのは目の奥にあるタペタム(輝板)という集光装置がわずかな光りを反射して増幅して明るくしているからで、同じく夜行性である猫とネズミの目にもタペタムが付いているから、薄暗い屋根裏でも平気でドタバタと追いかけっこをしている。
猫の耳は、人間が聞き取れない周波数の音声をキャッチできて、数十メートル離れている小さな音さえも聞き分けて音源の位置と距離を正確に把握できるから、ネズミが発する高音域の声やガサゴソと動き回る物音を瞬時に察知して素早く捕獲することが出来ている。
犬の鼻は、人間の臭覚の100万倍~1億倍もの精度でにおいをかぎ分けるから、警察犬として犯人が残した遺留品のにおいを追跡できたり、麻薬捜査や災害救助の時にも活躍できている。
コウモリは、喉の声帯を振動させて超音波を発して、対象物に当たってはね返ってくる反響音(エコー)を耳で聞いて、対象物までの距離、対象物の大きさや動きなどの情報を得ることで、暗闇でも障害物を避けたりエサを捕獲したり出来ている。
これら全てが、神によって、デザインされたものなのだ。
「フクロウの目」「猫の耳」「犬の鼻」「コウモリの声帯」を、そのように設定したのは神なのだから、もちろん、「作り手」である神は、それら全ての感覚を感じ取れていて、さらには、「神にしか見えない世界」というのが存在している。
タペタムやエコーロケーションは、神が開発した1つの技術であり、遺伝子技術も、神世界では「初歩の初歩」という感じで簡単に扱える技術として存在していて、神世界の技術は、人間世界の技術を圧倒している。
宇宙内に存在している技術は、1つ1つが完璧に明文化されている技術で、神から見たら、とっくの昔に習得済みの技術ばかりで、膨大な数の神々が住む壮大な世界である神世界には、想像を絶するテクノロジーと手腕によって、人間世界をはるかに超越した超高度な文明が形成されているのだ。


Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : スピリチュアル 精神世界 神様 天使 地球 宇宙 宇宙の法則 アセンション

人間が有るなら天使も有りえる

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

コミュニケーションしやすいように、そして、遠い未来に、人間達がマンガやアニメを制作する時代がやってくるだろうから、その時のために、喜怒哀楽を表現しやすい顔の筋肉にしておいてあげよう。
顔だけじゃなく、人間の体には、様々な「神の思い」が込められていて、「スポーツをしやすい体にしておいてあげよう」「音楽を楽しめる体にしておいてあげよう」「道具を扱いやすい体にしておいてあげよう」、などなど、野球選手としての未来、歌手としての未来、大工としての未来、ありとあらゆる未来を想定して、ありとあらゆる可能性を実現できるようにするために、「柔軟性があって幅広く対応できる体」となっている。
「人間がピアノを演奏する未来」「人間が歌をうたう未来」が見えていたからこそ、器用な手先と優良な声帯が有るのであって、色々なシチュエーションを考えて「人間の体」をデザインしてくれているからこそ、頑張れば、挑戦すれば、ピアノを上手く演奏できたり、歌を上手く歌えたり、野球を上手くできるようになったりして、色々なことが出来る体となっているのだ。
それは、当たり前のことではなく、猫が野球用のバットやグローブを上手く扱えないように、ピアノを上手く演奏できないように、歌を上手く歌えないように、「人間の体だからこそ」出来ることなのであって、神が、そういう体の仕組みにしておいてくれたから、手助けされる形で自然発生的に進歩してきたのが、今ある人間社会の現状なのだ。
はるか昔から、ほとんどの人が「美男美女になりたい」と強く思い続けてきたのに、それでもなお、今現在、ほとんどの人が、なれていないのだから、人間の体は、「人間の思い」が実現している体ではなく、「神の思い」が実現している体で、犬の体も、猫の体も、鳥の体も、魚の体も、元々からある姿は、全て、「神の手作り作品」ということになる。
神が「人間の型」を創作して、その後も、ずっと、神の手で存在させている。
ということは、すなわち、神が、同じ要領で「天使の型」を創作したなら、「天使も存在している」ということになる。
神が天使を存在させているなら天使は存在しているし、天使を存在させていないなら天使は存在していない。
この世は「神の思い」が実現している世界。
人間は、自分が関与していない所で自分の顔が勝手に決められていて、体が老いる必然性は全くないのに老いることを強制されていて、「こんな顔は嫌だ」「こんな体は嫌だ」と文句を言いながら過ごしていて、遺伝子システムを自分主導で活用しているのなら「自分の思い」が反映されるのが当たり前なはずなのに「遺伝だから仕方ない」と矛盾するセリフを吐いてあきらめ顔で生きていて、顔を変更することなんて遺伝子を操作すれば今すぐにでも簡単に出来ることなのに「来世では美しい顔で生まれたいな」と空を見上げながら遠い未来の出来事のように話している。
普通に考えれば、かなり、おかしな生き物だ。
まゆ毛とまつ毛と髪の毛では伸びる長さを変えて絶妙に調整していて、遠近でピントを調整できる目があり、さらには、目が乾いたら水加減を調整するために涙が出てきて目を潤してくれる。
そんな難しいことが出来ているのに、「自分の顔を自分好みの顔に調整する」という簡単なことが出来ない。
便利なシステムを見つけて使い始めたのならば、絶対に、こんな話にはならないはずで、これは、すなわち、「人間が遺伝子システムを活用しているのではない」ということを意味している。
神が、遺伝子システムを完璧に掌握して活用しているのだ。
神は、遺伝子システムの考案者であり、「人間の体」という雛形の発案者であり、「作る側」の立場なのだから、もちろん、老いないし、自分の体は自分で選べて変更できるし、永遠に生きている。
まず、神の存在ありきで、それから、神が創作した生き物たちが存在している、ということになる。
神が「人間」という生き物を創造していなければ、「人間」という生き物は存在していない。
神が「現実」であり、人間は「非現実」。
「人間」と「天使」の両方が存在していない状態から考えたら、天使が人間よりも神に近い存在であるならば、天使の方が、よっぽど、現実的で、有り得る存在なのだ。
人間は、目で見えないから「信じられない」と言う。
人間が思っているほど、「人間の目」は万能じゃない。
「人間の耳」だって、20ヘルツから20000ヘルツくらいの周波数しか聞き取れていなくて、万能である「神の耳」と比べたら、性能がはるかに劣っている耳なのだ。
「人間の目」で見えない生き物は存在していないのではなくて、万能である「神の目」で見えない生き物は存在していないのであって、「存在する」「存在しない」は、神にしか分からないことなのだ。


Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : スピリチュアル 精神世界 神様 天使 地球 宇宙 宇宙の法則 アセンション

神が全部で人間は一部

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

遺伝子技術は、人間世界での現状みたいに「これから遺伝子の仕組みがどんどんと解明されていくだろう」という「発展途上な技術」ではなく、神世界では、「確固たる技術」として明確に確立されていて、「遺伝子技術の使用法」という説明書も存在していて、完璧に遺伝子の仕組みは解明されている。
というか、「神が遺伝子システムを作った」のだから、解明する必要はなく、ただ、自分達が作った遺伝子システムの概要を書き現して、それを説明書として残しているだけなのだ。
「ハゲになりたい」と思っている人間はほとんど皆無だろうから、「ハゲは嫌だ」「ハゲは嫌だ」と言いながらハゲていく人間が多数いる時点で、「人間の思いが実現して毛が生えているのではない」ことは明らかで、神が「まゆ毛があった方が汗が目に入りにくいだろう」「まゆ毛があった方が喜怒哀楽をより上手く表現できそうだ」と思ったから、人間の顔にまゆ毛が付いて残っている。
美男美女も、遺伝子的に派生した神作品の1つで、「高嶺の花」みたいな存在とするために、あえて、少しだけ存在させている。
そして、美男美女じゃない人もいた方が、より人間世界を深みがある世界にできるため、様々な顔や様々な体型の人間を存在させているのだ。
神の采配が元になって、人間世界は、形成されていっている。
人間がピアノを発明する前から、神世界には、今の人間世界にある最高級のピアノ以上のピアノが存在している。
だからこそ、人間がピアノを演奏する未来を見通して、前もって、人間の体を「ピアノを上手に弾ける体」にしておいてくれたのだ。
人間の体には、神からの「~してあげよう」という気持ちが込められている。
ピアノの演奏家を目指す人のために、手の指を訓練したら1本1本それぞれを器用に動かせるようにしておいてあげよう。
歌手を目指す人のために、様々な音色で歌える声帯にしておいてあげよう。
人間の体だけじゃなく、風景にも思いが込められていて、画家を目指す人のために、山々の新緑や紅葉、変幻自在に変化する雲、などなど、様々な画材をさりげなく用意してくれている。
「海岸線に沈みゆく夕日」と「愛くるしい猫」なんかは、この世における神作品の「キレイ」と「かわいい」の最高傑作だ。
人間が作った映画やマンガやアニメの名作は、神がデザインした画材を元にして、それから独自性を加えて仕上がっている。
神あってこその、名作なのだ。
この世に元々からある美は、全て、神がデザインした美だ。
そして、「人間が何を見たら美しいと感じるのか」も考慮した上で、美しい光景を存在させてくれている。
人間が思っている以上に、神は、人間に対して、色々と配慮して、良い結果になるように導いてくれているのだ。
「神の目」は、人間目線で風景を見ることが出来るし、鳥目線で見ることが出来るし、イルカ目線で見ることも出来る。
いかようにも調整可能で、見方を変更できる便利な目なのだ。
だからこそ、人間だけじゃなく、「鳥の視点」「イルカの視点」から見ても最適な風景になるように、この世は作られている。
神の実力は、人間の予想を、はるかに上回る。
人間みたいに、イルカのことを「一部」だけ分かっている程度の知識ではなく、神は、イルカのことを「全部」分かっている。
そりゃ、そうだ、「イルカの体」をデザインしたのも神なのだから、イルカの全てを知り尽くしている存在なのだ。
「神の耳」は、「人間の耳」よりも、はるかに高性能で、人間の可聴周波数はもちろんのこと、コウモリが喉から発する超音波ですらも、ちゃんと聞き取ることが出来る。
コウモリが、その超音波を利用して、はね返った超音波を聞き取って障害物を避けたりする「エコーロケーション」と呼ばれている飛行手段も、神は、完璧に頭で理解できている。
というか、そもそも、エコーロケーションというシステムを発明したのは神であり、神からの指示通りにコウモリはエコーロケーションを使用して生きているだけなのだ。
人間は、犬が吠えて何を言っているのかの「一部」を知っているけど、神は「全部」を知っている。
鳥達が鳴いて何を言っているのかも全て分かっているし、イルカ達がピーピーと何を会話しているのかも全て分かっている。
そして、もちろん、今、人間達が話している言葉の全てを完全に掌握して理解できているし、「声帯を振動させたらどのような歌声になるのか」も、全てが神の想定内の出来事なのだ。
神が人間に与えた声帯は、「1つの型」にすぎない。
「声帯を考案して生み出して与えている側」である神が住んでいる神世界には、人間の声帯以上の声帯が無数に存在していて、人間世界よりも、はるかに画期的な音楽で満ち溢れているのだ。
神世界では、膨大な数の型によって音楽が奏でられていて、人間世界とは比べ物にならないくらいに、豊富で多種多様な演奏が壮大に行われている。
人間世界の音楽も素晴らしいけど、それを、はるかに超えた極上の音楽が、神世界にあるのだ。
人間以外の動物が奏でる様々な音色も、神あってこその、功績だ。
神が人間とシンクロして色々と手引きしてくれているように、スズメとシンクロして「チュンチュン」と鳴くように誘導したのは、神なのだ。
犬が「ワンワン」と鳴き、猫が「ニャーン」と鳴き、ゾウが「パオーン」と鳴いているのは、全て、神が定めた鳴き方で、宇宙の創造主である神は、宇宙内にいる生き物なら、どんな生き物に対してもシンクロして未来を誘導することが出来る。
その結果が、ホトトギスが「ホーホケキョ」と鳴く今現在なのだ。


Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : スピリチュアル 精神世界 神様 天使 地球 宇宙 宇宙の法則 アセンション

すぐに行ける場所に神世界はある

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

神世界と人間世界は、離れているようで繋がっていて、遠いようで近くに存在していて、神が手を差し伸べれば、すぐにでも行ける場所に、神世界はある。
神の脳は「神世界」にあり、人間の体は「この世」にあり、神の脳が人間の体を実体化しているのだから、「神世界」と「この世」はリンクしているのだ。
「自動車」のデザインは人間がしたもので、「人間の体」のデザインは神がしたもので、「自動車」のメンテナンスは主に人間が行っていて、「人間の体」のメンテナンスは主に神が行っている。
「一時期にちょっとだけ介入した」というレベルではなく、常に、いつの世も、少しずつモデルチェンジが行われていて、神が、「道具をもっと上手く扱えるようにするために、もっと手足を器用にした方がいいかな」「まゆ毛があった方が、感情をもっと豊かに表現できそうだ」「人間がフィギュアスケートをする未来のために、もっと優雅さやしなやかさを表現できる体にしておいてあげよう」という風に色々と考えて、時代に合わせてモデルチェンジしてきた結果が、今ある人間の姿なのだ。
サルやゴリラがフィギュアスケートをしたとしても、人間みたいに上手く体で表現できない。
神が、人間に対して「体で表現すること」を大切だと思って重要視しているから、「人間の体」は繊細な体となっていて、「動き」や「姿勢」や「表情」で感情を上手く表現できる体になっているのだ。
「神の存在」を信じられない人間がいるのは、「神」が見えないからで、「神の技」が見えないからで、ただ、それだけの理由にすぎず、それは、「神の目」と比べたら「人間の目」の性能が低すぎるから見えないのであって、「人間の五感」だけじゃ足りないから感じ取れないのであって、「神の目」と「神の感覚」を得たら、はっきりと「神の技」を理解できうる存在になれる。
「神」と「神の技」は、あやふやで、ぼんやりとした存在ではなく、明確に、はっきりと存在している。
神世界にある「神の脳」から「人間の雛形」を射出して、この世に「人間の姿」を投影させている。
それは遺伝子を駆使して行われていて、その手法は、神世界では日常的に使われている手法で、「技術」として明確に確立されている。
人間にも、ちょっとだけ遺伝子をイジれる形にしてあるけど、もちろん、神は、全ての遺伝子設定をイジれる存在なのだ。
自分の顔が気に入らなくて「遺伝で決まっているからしょうがない」とあきらめ顔でいる人が沢山いるけど、「じゃあ、誰が遺伝で決めたんだ?」って話で、神が遺伝で決めたから、そのような顔になっている。
今の人間がやっている「遺伝子組み換え技術」みたいに「組み換える」のではなくて、「遺伝子設定の全てを自分で選択できる」というのが本来あるべき姿で、もちろん、「遺伝子システムの考案者」である神は、それが当たり前に出来ている。
神が作った世界である「この世」では、常に、神は「全て出来る」存在であり、人間は「一部だけ出来る」存在であり、これから先、人間が研究に研究を重ねて、議論の末に辿り着く終着点は、「全てが神の掌中だった」という結論だ。
「人間が自動車を作った」という事実が信じられるのは、実際に「自動車を作っている作業工程」を目で確認できるからで、「自動車の作り方」という説明書を読んで頭で理解できるからで、「神が地球を作った」という事実が信じられないのは、「地球を作っている作業工程」を目で確認できていないからで、「地球の作り方」という説明書が人間世界に存在していないから、なのだ。


Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

tag : スピリチュアル 精神世界 神様 天使 地球 宇宙 宇宙の法則 アセンション

プロフィール

神描人(かみえがきびと)

Author:神描人(かみえがきびと)

カテゴリ

検索フォーム