父なる母なる神~本物の神と出会える場所~

「神の姿」を書き現していく世界「初」の文章です。NO.1を目指してるので、応援よろしくお願いします。

人間の体は囚人用の体

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

神世界から隔離した僻地に「人間世界」という地獄(刑務所)を用意して、「人間の体」というテスト用の器を用意して、その場所で、その器で、何をするのかを試されている。
そして、神から見て合格だと判断された者のみ、上の世界(天国または神世界)へと引き上げるシステムになっていて、テストなのだから、もちろん、刑務所内で発生した行動や言動や思考は、ちゃんと記録されて残っていて、それを元にして死後の進路が決められているのだ。
人間世界は、かなり軽めの地獄で、それなりに楽しめる世界となっているから、自分が地獄にいることに気付いてすらいない人が大多数だと思うけど、苦しむ必要がない苦しみを見つけ出して列挙していけば、ありとあらゆる自由が制限されている監獄的な世界であることに気付けるはずだ。
それらの制限ですらもデザインの1部分であり、宇宙内に存在している器(体)は、全て、神が制作したもので、全てに、神のデザインセンスが反映されている。
人間の体は、「人間の意思」が現実化した体じゃない。
植物の体は、「植物の意思」が現実化した体じゃない。
「神の意思」が現実化した体なのだ。
その2つは、囚人用の拘束着として、囚人用の食事として、神が用意したものなのであって、だからこそ、わざと苦しみだらけの体にしてあり、わざと品質を落とした食事にしてあるのだ。
今の人間は、当たり前のことが、当たり前にできていない。
もし、「人間の思考」が現実化してリンゴが出現したなら、リンゴが直で出てくるのが当然の流れなのであって、わざわざ、種をまいて植物として育てて実となってから、やっと、リンゴが食べられる遠回り手順には、絶対にならない。
人間を育てる側の存在、教育する側の存在である「神の思考」が現実化している世界であるからこそ、育てられている側の人間から見て「遠回りルート」が選択されているのだ。
今の人間が背負っている苦しみは、本来、苦しむ必要がない苦しみばかりだ。
近くばかりを見ていたからといって、近視になって遠くが見づらくなる必要性はどこにもないし、遠視になって近くが見づらくなる必要性も全くない。
近くも、遠くも、中間も、ずっと永久に快適に見続けられる目にすればいいだけの話で、もちろん、自分で自由自在に調整可能な「神の目」は、そうなっている。
「人間の目」は、「神の目」の劣化版なのだ。
食べ過ぎて内臓脂肪が増えると健康的な体に害が及ぶというのなら、害が及ばない程度に脂肪を蓄えればいいだけの話で、「お腹いっぱいになったよ」という信号が脳に送られてくるのだから、そこまで見事に「これ以上食べると体の健康を保てなくなるよ」というリミットを明確に分かっている体なのだから、「そのラインに達したら体に脂肪を蓄えるのをストップする」という仕組みにしさえすれば、「お腹いっぱいで苦しくて、もう、食べられないよ~」なんていうおかしな苦しみから解放されて、際限なく、ずっと美味しく食事をし続けられる体となれるはずなのだ。
その「永遠の至福状態」にストップをかけているのは神であり、目的は「教育のため」であり、理由は「地獄(刑務所)だから」なのだ。


Author:神描人(かみえがきびと)

読んでいただいてありがとうございます^^
私自身、まだまだ未熟な人間であるため「自分も一緒に更生させちゃおう」という勢いで書いてます。
「こういう人間になれたらいいな」という理想形を描いているので、ご理解よろしくお願いしますm(__)m

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

このページのトップへ

トラックバック

トラックバック URL
http://kamiegakibito.blog.fc2.com/tb.php/155-dccc2c6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング

プロフィール

神描人(かみえがきびと)

Author:神描人(かみえがきびと)

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリ

メイン【3周目】 (52)
メイン【2周目】 (45)
メイン (60)
読者からの質問 (1)
フリートーク (2)
フリートーク【熟考バージョン】 (1)
お知らせ (1)
未分類 (0)

QRコード

QR