父なる母なる神~本物の神と出会える場所~

「神の姿」を書き現していく世界「初」の文章です。NO.1を目指してるので、応援よろしくお願いします。

ちょっとした神生活のひととき

どうも、こんにちは、神描人(かみえがきびと)です。

NO.1の「神を描く人」を目指して頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
では、今回の「神宿る文章」をお届けします。

神が下した決定は、たとえ最高位の天使であっても、絶対に覆すことは出来ない。
アカシックレコードに記載されている映像化された未来の予定表は、神の決定によって、たびたび変更される。
神の決定は、絶対だ。
「絶対的な決定権」を持っている神が支配している宇宙内では、神が許可しない限り、何事も実現できない。
実現できているのなら、実現できていることの全てが、神にとっては、自分の意思で自由自在に実現できる1つの能力なのだ。
例えば、の話。
あなたが、録画したテレビ番組を再生して見ている時、「ちょっとトイレに行ってこよう」と思って「一時停止」して、トイレを済ませて戻ってきたら、一時停止を解除して続きを見始める。
ちょっとした、人間生活のひとときだ。
神の場合は、こうなる。
神が、自分が作った宇宙を再生して見ている時、「ちょっと世界中をじっくりと見て回ってこよう」と思って「一時停止」して、視察を済ませて戻ってきたら、一時停止を解除して続きを見始める。
これが、ちょっとした、神生活のひとときなのだ。
う~ん、神の例え話の方は、「一時停止」というよりも「スーパースロー」と表現した方が、いいのかもしれない。
人間が走馬灯を見ている時は、ありえないほど膨大な量の「自分の過去」を、一瞬で、見ることが出来る。
その時、おそらく、「人間の思考速度」に制限をかけているリミッターが一時的に解除されて「神の思考速度」に近づいている状態なのでしょう。
「自分の思考速度を調整できる」神は、自分の思考速度をMAXにして、それから「自分の宇宙内を巡回している」という感じなのだと思います。
もしくは、そのMAX状態が通常運転で、人間側の思考速度の方を調整しているのかもしれない。
いずれにせよ、神が軽々と行っている日常生活が、人間の想像をはるかに超えたものであるのは、間違いない。
そして、神と人間の中間に存在しているのが「天使」だ。
あなたが住んでいる宇宙は、神が、視覚化、聴覚化、触覚化、嗅覚化、味覚化している世界なのであって、もちろん、人間の五感以上の感覚も神から発信されていて、今の人間の体では、それを受信できないけど、より高度な存在である天使は、受信できている。
神と天使の間では「人間の想像をはるかに超えた」やりとりが行われている。
「神の許可を得ている天使が夢の中で感覚化を行っている」というケースもある。
天使にも「人の運命」が見えているから、神の代わりに「人間の魂に気付きを与える」お手伝いをしているのだ。


ブログランキングに参加してます

1日1回の応援クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ


NO.1を目指している私のホームページです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kami/

NO.1を目指している私の無料メールマガジンです。
http://www.mag2.com/m/0001682372.html

管理人:神描人(かみえがきびと)

当ブログはリンクフリーです。どのページでも無断リンクOKです。

注意!⇒間違い指摘、意見、質問、感想など気軽にコメントしていただいて結構ですが、コメントは全部読ませていただきますが、「神宿る文章」の執筆の方に全力を注ぎたいので、基本、公開コメントも管理人承認段階でストップの非公開とし、返事しない場合が多いですし、コメント蘭だけではもったいない内容の時はブログ本文やメルマガなどに掲載する場合があります。
ご理解よろしくお願いいたします。
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kamiegakibito.blog.fc2.com/tb.php/50-c2eff123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング

1日1回の応援クリックお願いします

プロフィール

神描人(かみえがきびと)

Author:神描人(かみえがきびと)

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
メイン (52)
読者からの質問 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR